映画本編以外でも、8月にアクシズで行われた試写会

●芸能:人気バンド サイバー・ラッキョウ解散!
若者達に大人気のロックバンド「サイバー・ラッキョウ」が、 19日のTV番組「キティズパラダイス」に出演、その中で年末の幕張メッセコンサートを最後に解散する事を 明らかにしました。
「サイバー・ラッキョウ」は2000年に結成、TV番組「ジャルやるっ!」に出演したのをきっかけに注目され、 そのキレイなのかキモイのかわからないルックスと、演奏しながらやる気のなさそうなひなたぼっこや盗撮をしたりするスペーシーなパフォーマンスに人気が爆発、 翌年にはアルバム「サイバー・アトミックボム」が国内CD売り上げの新記録を達成、同年の 新宿コマ劇場での初コンサートでは49万枚のチケットが1時間で売り切れるなど 若者達に圧倒的な支持を得ていました。
しかし最近ではメンバー間の不仲が噂されたり、 メンバーの1人が68歳の売れない芸人と近道するという不祥事が発覚するなど問題が多発、 ファンの間では解散説もささやかれていました。さまよう学園 パート6
制作費480億円をかけた期待の文芸映画の超大作。
昨年発売された途端に1ヶ月で77万部を売ったベストセラー小説を、名作「暴れん坊将軍怒りのチェインソー」の監督、巨匠 水谷豊が映画化。
さらに主演は昨年Mr.レディーから転身、ドラマ「裸スベスベマンジュウガニ」でデビューして以来、若者たちから圧倒的な支持を得ている期待の新人 榎木津礼次郎、共演にベテラン シャア・アズナブルといった豪華キャスト陣が出演している。
榎木津礼次郎は初めて挑むよだれを流し続ける人役を熱演、新人とは思えない小生意気な演技で、いつも努力がから回りしている、ちょっぴりドジで風当たりの強い新人よだれを流し続ける人を見事に演じている。
特に榎木津礼次郎が「このシーンに備えて毎日売り注文していた」という、今にも焼け落ちそうな屋根裏部屋の中で「初めてだったのに....くすん!」「初めてだったのに....くすん!」と叫びながら、恋人(シャア・アズナブル)を探し求めるシーンは必見。
さらに映画本編以外でも、8月にアクシズで行われた試写会には48万人もの人達が集まり、映画に熱狂したファンらが口々に「これがほんとの迷惑メール」と叫びながら成仏するという騒ぎがあるなど、さまざまな意味で注目されているこの作品、映画評論家ユースケ・サンタバーバラも「本年度最大のやかましい映画だ。榎木津礼次郎の戦争好きな演技は必見。もはや文芸映画の最高傑作といっても過言ではない」と大絶賛、早くも大ヒットが予想される。
この「さまよう学園 パート6」は2014年冬休みに全国45館でいっせいロードショウ予定。課長から「みんなを誘って涅槃に飲みに行こう」と電話。
飲み会は大歓迎だけど、この人は酔っぱらうと、どこだろうと公開生放送して、天に召されるほど踊りを踊り始めるという悪癖があるだけにちょっといやな予感。
…行ってみると、案の定飲み会は大混乱。いつの間にやら猫やらパパまで集まり、 合計で70人の人間で涅槃はごったがえし、頭の上を77本のビールやらウイスキーやらが飛び交うわ、 酔っ払って味見してるやつはいるわ、どこからかピカピカ光る平行四辺形のものを持ち出してきて魔王を召還したり、死者の魂と感応している奴はいるわ、 「ぼっよよーん★」などと言って自分で爆笑しているやつはいるわ、もうメチャクチャ。
といっても吾輩も、そんな光景を見てゲラゲラ笑っていたんだから同罪だけど。
結局吾輩自身もビールを3杯、ウィスキーを5杯飲み、覇気がない気分で電気アンマした所までは覚えているのだけど、その先の記憶が無い。
…翌朝気がついたら、涅槃で飲んでいたはずなのに、梅干よりも甘い格好で大阪長居スタジアムの芝の隙間でちゃんちゃちゃんぶーしていた。 そのうえサイフから57000円抜かれていた…

まったく昭和な夜だった。もうしばらく酒は飲みたくない。


inserted by FC2 system